食事で健康的にダイエットする方法

まずは食事

ダイエットによって体重を減らすだけでなく、健康になりたいものです。そりゃそうですよね。 ダイエットして健康効果も高めたいという場合、心がけるべき点はどういったものでしょう。

食事で健康的にダイエットする方法

 

食事内容を見直すことは、健康にいいダイエットには欠かせません。毎日食べているものを健康にいいものにするだけでも、ダイエットになります。 冷え性や生理痛など体調を崩すような方法は避けたいですよね。

 

ダイエットをして健康になるためには、脂肪をつけないような生活をすることが大事です。 なら脂肪が多い人たちと言えばどんな人たちがいるでしょうか? 伝統的な習慣として、相撲とりは1日2食しか食べません。この方が、皮下脂肪を増やせるためです。

だから1日3食が大切!と誤解されやすいのですが、厳しい体重管理が求められる競馬の騎手など1日2食の人が多かったりするんですね。 つまり食事回数というのはあまり関係ないのです。

 

もちろん、カロリー量を減らせば体脂肪はエネルギーとして消費されるように見えますが、体は影響供給が滞ると飢餓状態になる性質があります。健康的なダイエットのためには、1日3食をしっかりと食べることが大切です。

 

食事のたびに心がけたいのは、腹八分目で食べるということです。おかずやごはんの分量も必要に応じてコントロールし、適度な満腹感を得られる規則的な食事にします。ダイエットで健康状態を高めるには、少しずつ食事の量を減らして少量で満腹できるようにすることです。

 

食事をしてから一定時間が経過すると甘味を摂取したくなるという人もいますが、5分だけ時間を区切り、別のことをしましょう。少ないカロリー量で、お腹がいっぱいになるダイエットが、望ましいものと言われているようです。野菜、きのこ、こんにゃくなどのカロリー量の少ない食事をして、洋菓子などはカロリーが高いので食べ過ぎないようにします。

 

主食であるご飯を抜いてカロリー摂取量を減らそうとする人もいまずか、ご飯はボリュームがあって間食をせずともよくなります。健康的なダイエットを成功させるためにも、毎日の食事で太らない食習慣を意識してみましょう。 

 

 


今人気沸騰中の甘酒と酵素をサプリに!

 

 

トップページ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
 



ページトップへ