ドングリと文明  ウィリアム・ブライアント・ローガン (著)  岸 由二 (監修, 監修) 山下 篤子 (翻訳)

ドングリと文明  ウィリアム・ブライアント・ローガン (著)  岸 由二 (監修, 監修) 山下 篤子 (翻訳)
商品名 ドングリと文明  ウィリアム・ブライアント・ローガン (著)  岸 由二 (監修, 監修) 山下 篤子 (翻訳)
現在価格 1,986円
即決価格
入札数 0
残り時間 2分
対応 即決価格Yahoo!かんたん決済
ドングリと文明 単行本 2008/8/28
ウィリアム・ブライアント・ローガン (著)  岸 由二 (監修, 監修) 山下 篤子 (翻訳)



内容紹介

これまで、人類史最大の謎のひとつは、「狩猟採集文化」から「農耕文明」にどうやって〝進化〟したのか、ということでした。
10数万年前、アフリカで誕生した現生人類は、数万年前にアフリカを出たのち、氷河期のあいだに、
ヨーロッパ、アジア、オセアニア、そして南北アメリカ大陸へと進出します。そのとき人類は、まさに「マンモスを狩る」狩人でした。
ところが、氷河期が終わった1万5000年前から1万年前にかけて、人類は世界各地で突然、定住生活をはじめ、そして農業を発明します。
狩猟をやめ、定住し、農業をはじめたのはなにがきっかけだったのか?



本書は、そんな人類のミッシングリンクをみごとに埋めてくれます。狩猟生活と、農耕生活のあいだにあったもの。
それは、それは、北半球の温帯に広く分布する木。OAK(オーク)。カシあるいはナラ。すなわちドングリの木、だったのです。
氷河期の末期から、人類はドングリ林に定住し、ドングリの実を蓄え、栄養たっぷりで保存の効くドングリを食料とし、これを蓄え、
あるいはパンを焼き、一方こちらを飼料として豚などの家畜を育て、ドングリの木を素材に家をつくり、柵をつくり、船をつくり、橋をつくり、
大聖堂をつくり、武器をつくり、現在の人類の定住生活の礎としたのです。



日本では、常緑樹のドングリの木「カシ」の林をベースとして縄文時代に発達した「照葉樹林文化」が東アジア圏にはある、という論が依然よりありました。
また、近年、落葉樹のドングリの木「ナラ」や「クヌギ」を維持管理するいわゆる「里山文明論」も、よく耳にします。
いずれも日本あるいはアジアの独自文化としてこうした「ドングリ文明」は語られてきました。



本書によれば、ドングリの木をベースにした文明は、日本やアジア独自どころか、ヨーロッパ、中近東、アフリカ北部、アジア、
北米の温帯すべてに普遍的に存在する、まさに狩猟文化と農耕文明のあいだをつなぐ、きわめてメジャーな文明システムだったのです。
狩猟文化で獲物をとりつくした人類は、ドングリ林が無償で供給してくれる栄養価の高いドングリの実と、
さまざまな加工ができるドングリの木(オーク材)に頼り、世界各地で定住生活を始めました。この定住生活の仕組みから、
作物を人工的に育てる農業が次に発達したのだ、というのです。

それだけではありません。18世紀の産業革命で鉄と石油の時代が到来するまで、ドングリ文明はしぶとく人類を支えてきました。
バイキングから大航海時代にいたるまでの船の多くはオーク材でできていました。世界中の建築の多くがオーク材に頼っていました。
このように本書は、狩猟→農耕という単線的な人類史に「ドングリの森との共存と利用」という新しい視点を与えてくれます。
地球環境問題の議論が高まり、生物多様性の重要性が叫ばれるいまこそ、人類を創った木、ドングリ=オークの大切さ、かけがえのなさを、
本書でぜひご堪能いただきたく思います。




・書き込みは無く綺麗だとおもいますが経年劣化のある中古です。
・お急ぎの方、神経質な方はご入札なさらないようにお願いします。
・簡易包装でよろしければ、送料は郵便局のクリックポストで164円になります。


ポイントサイト「ハピタス」ハピタス経由でヤフオク!商品を落札すると 
落札代金の1%がポイントでもらえます。
ぜひ、ハピタスに登録し、ハピタスのヤフオク!広告経由で
ご購入ください。

ハピタスでは300ポイント 
300円から現金への交換が可能!!

ポイントバックを受けるには

今すぐ登録を!下記バナーから登録するともれなく30ポイントプレゼント

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

参考 はじめてからおこずかいを10万円もらうおう! ハピタスポイントの貯め方日記
この商品はヤフオク!一括出品ツール「オークタウン」で出品されています。


(2018年 6月 3日 3時 49分 追加)


【注意】
領収証は一切発行しませんので、ご了承下さい。

Webサービス by Yahoo! JAPAN

 

 

トップページ


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
 



ページトップへ